IT業界の仕事とは/機械を動かすプログラマ編

知っているようで、「具体的には?」と聞かれると
「...パソコン使ってお仕事してるのでは...」となってしまい、
意外と答えられないITの世界。

具体的にどんな分野・どんな仕事があるのでしょうか。

業界初心者が同じ目線でレポートしていくシリーズです。

ざっくりとしたタイプ分けはこちらに記載していますので、
まだご覧になっていない方は是非↓

そもそもIT業界とはどんな世界?

IT=情報技術です!...なんて言われたところで、具体的なイメージはなかなか湧きませんね。 なんか多分、パソコン使ってお仕事してるんでしょ?かっこいいよね!っていう…

このページの内容

組み込みエンジニアについて
組み込みエンジニアが使う知識や技術

機械を動かすプログラマ

例えば、私たちの身近にある家電。
洗濯機、炊飯器、エアコン、テレビ、ビデオ、DVDプレイヤー、デジタルカメラ。

それから、スマホやゲーム、自動車、カーナビ。

オフィスや学校にもある、プリンタやコピー機。

外に出れば、自動販売機や券売機、信号機、エレベーター...

こういった機械を動かす仕組みを作ります。

家電などの装置は、こちらが期待した動きをしてくれないと困りますから、
あらかじめ決められた動作をするようにプログラムされた
ソフトウェアが組み込まれています。

こういうソフトウェアを「組み込みソフトウェア」、
この仕事をする人たちを「組み込み系エンジニア」
と呼んだりします。

例えば、餅をこねる機械がほしいと言って洗濯機を改造しても、
もともと洗濯するようプログラムされていますから、そいつは逆回転もします。

ですから、いくら見た目が似ているからといって、
完成品の洗濯機は、残念ながら餅こね機には変身できません。
(※大人の実例ですが真似しないでくださいね。)

組み込みソフトウェアは、やってほしいことが決まっているので、
それ以外のものは極限までそぎ落とされています。

また、機械に組み込まれるので、サイズ面やコスト面などから
小さく収めないといけない場合が多く、
より効率を考えた設計にされているそうです。

それから故障しにくいように、というのも考えて、
安定性も重視されるといいます。

さすがに、「エアコン壊れちゃったので修理お願いします」
と電機屋さんに言っても、機械の中の中のプログラムから
書き直すなんてことはなかなかできないでしょう。

知識や技術

使われるプログラミング言語は、
C(シー)
C++(シープラスプラス,シープラプラ)
が王道だそう。

C言語は40年くらいの長い歴史のある言語で、
機械が理解できる言語にとっても近いのだとか。

プログラミング言語それ自体は、人間に分かりやすいように作ってあり、
それが機械語に翻訳されて実行されています。

機械は基本的に0か1しか理解してくれませんので...

C系言語は、他の言語に比べて、データ量がコンパクトに収まるので、
小さく仕上げたい組み込みソフトウェアにもってこい。

プログラマが意図しないところ...バックグラウンドで
なにか処理が行われるわけでもなく、
さくさくと軽く、高速に動いてくれるのだそう。

ただ、昨今ではPythonやJava、Javascriptが
利用されることも多くなっているといいます。

(Python、Javaに関しては<こちら>で身近に使われている例を挙げています)

また、組み込みソフトウェアのエンジニアは、
ときに機械語(アセンブリ言語)を直接叩くこともあるのだとか。

役割自体はソフトウェアの開発ですが、
リアルの機器にかなり近いところで開発しますので、
ハードウェアの設計開発の知識も求められるようです。

ソフトウェアがハードウェアを動かすための”指示書”の役割だとすると、
それを理解して実行させる”実行責任者”である「マイクロプロセッサ」
の知識も求められるのだそう。

コンピュータの心臓部とか脳みそに近い部分ですね。

他にも、エミュレータやクロスコンパイラなどと呼ばれる、
ソフトウェアを疑似環境で動かす、という開発の仕方もするので、
その辺の知識も要るのだとか。


超絶昔の家電とかが残っているのなら、
全部開けてプログラム見て、今の製品と比較とかできるんでしょうか(笑)

遺物の損壊で罪に問われそうですから、
データとして何か情報残ってたら見てみたいですね。

時間を測ったり火加減を調整しなくても
ご飯を炊いてくれたり、
燃料を買ってきたり自分で火力を調節しなくても、
部屋の温度が一定に保たれたり...

家電は今や当たり前に身近にありますが、
当たり前にちゃんと機械が代行してくれるって
改めて考えると凄いことですよね。

技術を意識しなくなるくらい生活に浸透していて、
なんの違和感もなく任せられる。

便利になったおかげで、より快適になったり
他のことに時間や労力を使うことができ、
豊かに生活できているってことですね。

ということで、今回のレポートはこれで以上です。
ではまた!

この記事の投稿者

入社間もない採用アシスタント兼広報担当。
学歴高卒/完全未経験で拾っていただき、日々勉強しながら&調べながら発信中。
とりあえずITパスポートは入社後3週間ちょいで取得済。
趣味は絵とカラオケと自転車(眺める専)、九州の実家には拾った猫3匹&カメ1匹が鎮座。

参考にさせていただいた書籍やサイト(順不同・敬称等略)

情報処理エンジニア職業ガイド 豊沢 聡 / 大間 哲 ◎共著
https://www.fsi-embedded.jp/embedded_news/about_c/283/


2024年2月13日学習

アルファベット用語メモ/ITパスポート

2024年2月6日学習

ITパスポートおすすめ勉強法

2024年2月1日ITの世界

IT業界の仕事とは/サポートエンジニア

2024年1月25日ITの世界

IT業界の仕事とは/ネットワークを守るオペレータ

2024年1月24日ITの世界

IT業界の仕事とは/システムの安定・安心を守るITオペレータ

2024年1月23日ITの世界

IT業界の仕事とは/仮想サービスを作るクラウドエンジニア

2024年1月22日ITの世界

IT業界の仕事とは/通信のスペシャリスト、ネットワークエンジニア

2024年1月15日ITの世界

IT業界の仕事とは/データ分析と改善提案のスペシャリスト

2024年1月11日ITの世界

IT業界の仕事とは/会社の業務効率化システムを作るエンジニア

2024年1月9日ITの世界

IT業界の仕事とは/莫大なデータを整頓管理・有効活用~データベースエンジニア編

2024年1月5日ITの世界

IT業界の仕事とは/現場のトラブル・困ったを解決~フィールドエンジニア編

2024年1月5日ITの世界

IT業界の仕事とは/技術を武器にお悩み解決提案~営業エンジニア編

2024年1月4日ITの世界

IT業界の仕事とは/世界の誰でもソフトを使えるために~翻訳エンジニア編

2024年1月4日ITの世界

IT業界の仕事とは/質を向上!ソフトウェア開発アシスタント編

2023年12月28日ITの世界

IT業界の仕事とは/分かりやすい・使いやすいを実現~使い心地デザイナー編

2023年12月28日ITの世界

IT業界の仕事とは/3DCGを作れるようにするエンジニア編

2023年12月28日ITの世界

IT業界の仕事とは/自動運転を叶えるエンジニア編

2023年12月27日ITの世界

IT業界の仕事とは/カメラの顔認識もこの技術のおかげ!画像エンジニア編

2023年12月27日ITの世界

IT業界の仕事とは/声と言葉をデータ化~デジタル音エンジニア編

2023年12月26日ITの世界

IT業界の仕事とは/既存のアカウントでログイン~サービス連携エンジニア

2023年12月26日ITの世界

IT業界の仕事とは/お金の不正や間違いを許さない~取引の超透明化エンジニア編

2023年12月26日ITの世界

IT業界の仕事とは/モノをネットに繋ぐ技術

2023年12月25日ITの世界

IT業界の仕事とは/画面表示プログラマ

2023年12月25日ITの世界

IT業界の仕事とは/機械を動かすプログラマ編

2023年12月25日ITの世界

IT業界の仕事とは/Webの裏方システムを作る人

2023年12月19日ITの世界

IT業界の仕事とは/Webサイトの見た目を作る人

2023年12月19日ITの世界

そもそもIT業界とはどんな世界?